メイン画像

お墓参り

~お墓参りについて~

「命日」、「お盆」、「お彼岸」など決まった時期にお墓参りをする方が

多いですが、基本的にはお墓参りの時期に決まりはありません。

お墓参りは、故人と直接対面し偲ぶ意味がありますので、定期的に足を運び

ご先祖様を敬う気持ちを忘れないようにしましょう。

その他、結婚、出産、新築、就職などおめでたいことがあった時にも、

報告の意味を兼ねてお墓参りを忘れないようにしたいですね。

管理事務所では、お花、お線香、風防ライター、墓石清掃用にぞうきんを販売しております。

お墓参りには手ぶらでお気軽にお越しください。


~命日~

【月命日】

故人の亡くなった月日を月命日(月忌・がっき)と呼びます。

八月一日に亡くなったとしたら、毎月一日が月命日(月忌)となります。

【祥月命日】

八月一日に亡くなったとしたら、毎年八月一日が祥月命日(しょうつきめいにち)となります。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌…などの年忌法要は、この祥月命日までに行われます。

年忌法要の年にあたる祥月命日には、親族などを呼び法要の儀式を行います。

一周忌以降の、故人の亡くなった月日(命日)と同じ月日のことを指します

月命日には、故人の好物、新しいお花をお供えしてご冥福をお祈りしましょう。

特に祥月命日は生前、誕生日を祝ったのと同じように

お墓参り、花供養などで供養をしてみてはいかがでしょうか?


~お彼岸~

お彼岸は年に2回、春3月・秋9月にあります。

春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、

この期間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことができると考えられていました。

「彼岸」という言葉を「あの世」と解釈して、亡くなられた人々を供養するという意味から、

お墓参りをするようになったと思われます。

お彼岸にはできるだけ家族そろってお墓参りをしましょう。

お墓参りの際は墓石を綺麗に洗い、周りも掃除して花や線香をお供えします。

家庭では仏壇を掃除し、花や季節のもの、ぼたもち、おはぎ等をお供えし

ご先祖の供養をします。


~お盆~

お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。

一般的には8月13日から16日までを「盆」と呼び先祖の霊を迎え、供養する期間です。

関東地方は7月13日から16日、その他の地方は8月13日から16日に行われ

8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆と言います。

【迎え火・送り火】

13日の夕方に家の前で、焙烙(ほうろく)という素焼きの皿の

上でおがらを焚いて、ご先祖様や故人の霊をお迎えする

「精霊(しょうりょう)迎え」をします。

その霊が迷わず帰ってくる目印にするのが「迎え火」です。

お盆提灯には迎え火、送り火の役割があるので

実際に火を焚くのが難しいご家庭では

お盆提灯を飾って迎え火とします。

お盆の間一緒に過ごしたご先祖の霊を送り帰す「精霊送り」のために

16日に再び、焙烙でおがらを焚くのが「送り火」です。

【新盆】

故人が亡くなって四十九日の後、初めて迎えるお盆を新盆といい

四十九日の忌明けより前にお盆を迎えた時は、

その年ではなく翌年のお盆が新盆となります。

地域によって異なりますが、提灯は絵柄のない白い提灯を使用します。

初めて戻ってくる故人の霊が迷わないようにと目印として軒先などに吊り下げるもので

新盆の時だけ用い、送り火で燃やしたりお寺様に納めたりします。

灌仏会(かんぶつえ)

灌仏会(かんぶつえ)は、お釈迦様の誕生を祝う仏教行事です。

日本では毎年4月8日にお花まつりとしてお祝いをします。

(ゴータマ・シッダールタ)が旧暦の4月8日に生まれたという伝承に基づきます。

日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、

甘茶を満たし、誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で釈迦像に甘茶をかけて祝います。

甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために

9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来しています。


※甘茶会の日に、当霊園では甘茶をご用意しております。

お越しの際はご自由にお召し上がりください。


ロゴ
















トップに戻る